SplitShire / Pixabay

WiMAX

WiMAXの速度測定をしてスピードを確認する方法は?

投稿日:

WiMAXの通信速度は年々スピードが増しており、今ではWiMAXの上位サービスとなるWiMAX2+だと、下り最大220Mbpsまでの速度が出ます。
Mbpsって言われても、どれくらいの早さなのかは理解できませんよね。
紹介した下り最大220Mbpsの通信速度は、普通にインターネットを利用する上では一切遅いと感じないくらいの早さなんだ!
体感速度は、有線接続と変わらないくらい。
でもさ、本当に220Mbpsも出てるのかって疑問じゃないですか?
最大ってキーワードが凄く怪しいもんね。

そんな人は速度測定ツールを使って、実際の速度を測ってみると良いですよ。
ネット検索するだけでも速度測定が可能なサイトは、5つくらいは見つかります。
中には価格.comやUSENなど、大手企業が運営しているツールもあるから、安心して速度測定が行えるはず。
測定方法はとても簡単。

インターネットに接続した状態で測定サイトにアクセスし、測定スタートみたいなボタンを押せば開始。
数十秒も待っていれば、回線速度は54.672Mbpsでしたって感じでテスト結果を教えてくれます。
測定時のポイントは1回で終わらせないこと。

なぜかって言うと、今では下り最大220Mbpsのものもあるって話をしたけど、これはプロバイダが発表している理論値に過ぎないんだよね。
理論値ってのは、最高の環境で問題なく測った時に出た、最大値を意味しているんだ。
だから、間違いなくサービスエリア内に位置する東京のど真ん中で計測しても、220Mbpsって数値は出せないはず。
そこで、今現在どれくらいの通信速度なのかを詳しく知るためには、実測値を測らなくちゃいけない。
実測値は同じ場所で何回か測定を繰り返すことで、より精度が高まる。

自宅でWiMAXを使うことが多いなら、普段通りの場所で測定サイトにアクセスして、5回くらいは測定すべきだね。
慣れてきたら行動範囲内でも測定してみましょう。
そうしたら、契約とは違った速度が出るかもしれない。
電波が安定しない場所は、エリア内にもたくさんあるんだ。
公園の中でもベンチを移るだけで通信速度が早くなったりするから、暇な時に快適な場所を探してみよう!

-WiMAX

Copyright© WiMAXスピード狂 , 2017 AllRights Reserved.